温かい健康経営・健康福利厚生応援。からだと心を同時にケアして未病・メンタルヘルス対策や腰痛ストレスにも気軽なヘルスケアをお届けします。

  みんなの24時間専属セラピスト

  オフィス温め

232-0007 横浜市南区宮元町1-23-801
受付時間:平日・土曜 10:30~20:00 
       

着替えのいらない温熱療法サービスゆるりへお気軽に

045-517-7098

超短波療法の効果・効能

現代の3大注意症状は「肥満」「動脈硬化」「ガン」と言われ

その原因は日常の生活習慣ー食事・運動不足・ストレスーなどです。

なかでも多くの病の元凶のストレス 心の冷え症は血管を収縮させ
栄養や酸素・ホルモン・熱などを運び、老廃物を排出する血液循環の不良となり
からだの中は冷えると固くなってしまのです。

逆に温めてあげることによってからだの中も思考も柔らかくなります。

漢字にもあらわせるように『温厚』『柔軟』は温かい心とからだ、
『冷酷』『頑固』は冷えてしまった心とからだに宿るように思えます。

ゆるりの『オフィスの温め』が提供する超短波治療器は
からだを深部から温めることのできる唯一の電子エネルギーです

超短波による局所の温熱効果

●血行をよくする
●胃腸の働きを活発にする
●疲労回復
●神経痛、筋肉痛の痛みの緩解
●筋肉のコリをほぐす
●筋肉の疲れをとる

 

座ったままたった20分。
からだに負担をかけず、全身の機能を高め、からだの奥に潜む「冷え」を改善して
免疫力や治癒力をあげる療法。
からだの奥からしんしんとひろがる温感で
本来もっている潜在的なからだの働きを呼び覚ましからだと心をケア。

会社にいながらも温泉浴のようにからだの芯からホッとゆるませ
次のパフォーマンスを高めます。

 

 

自律神経の調節でメンタルヘルス

からだの生理作用は自律神経によってコントロールされています。
緊張や疲れなどから働きが上手くいかなくなると不眠、倦怠感といった様々な症状を引き起こします。

ストレスによって血管が収縮され、血行の悪くなった状態を超短波で腹部神経節や腰部神経叢などを加温することにより、副交感神経の働きが活発にし交感神経の緊張を和らげるのが、からだと心のケアが1度にできる理由
たった20分のリフレッシュでバランスを調整して次のパフォーマンスを高めます。

未病を改善して医療費削減

『未病』とは古来中国から伝わる予防医学の原点です。
ストレスや疲労・過労が重なると

・胃腸の不調
・肩こり
・疲れがぬけない
・よく眠れない
・風邪をひきやすい

などの『病気ではないが健康ではない』状態。

根本的な原因は血液循環の不良。
血液は生命維持にかかせない栄養素や酸素をからだの各部へ運び
老廃物を運ぶので、循環が悪くなれば健康を損ないます。

超短波治療器は内臓機能を高め、血行をよくし薬に頼らない真の健康を目指します。

腰痛も大きなストレス

仕事内容や同じ姿勢だけでなく、加齢とともに発生する腰痛も大きなストレスです。
血行が悪いと発痛物質や疲労物質が排出できず痛みとなるため、常に血行をよくすることが大切です。
超短波治療器で筋肉内部の血管を広げ血液循環を改善、血液量が増加します。
その結果疲労物質が早く代謝され筋肉のコリをゆるめます。

(急性期の痛みには向きません)

メタボ予防など、超短波の温熱効果

  • 新陳代謝の促進
  • 冷えの改善
  • 筋肉のコリをとる
  • 免疫力を高める
  • ホルモン分泌を高める
  • 痛みを鎮める(急性期は増す場合がある)

 

 

 

 

新たな繁栄をサポート

『オフィスで温め』による
ヘルスケアは
経営者・従業員様のからだと心
の健康だけでなく貴社の繁栄に寄り添い新たな付加価値を高めます。


生産性の向上

治療から予防で医療費削減

◆欠勤率・離職率の減少
採用に関する費用削減

◆健康企業イメージによる
新規採用率・顧客イメージUP

職場環境の改善